ふこいだんは免疫力を高めてくれる

ふこいだんの秘めた健康効果について

ふこいだんとは主に海草のヌルヌルしたヌメリ成分に含まれる多糖類のことをさします。代表的な海草としてはメカブやモズク、昆布などがあり、どれもヌルヌルした印象を持つ海草です。このふこいだんは我々にとって大きな健康効果をもたらすことが分かっています。それはガン細胞に対する「アトポーシス誘導作用」という効果です。
アポトーシスとは、細胞が自滅する現象を指し、人間が古い細胞から新しい細胞に世代交代するのに必要な現象です。しかし我々の天敵であるガン細胞はアポトーシスを行わないため、際限無く増殖して身体中に転移してしまいます。それに対してふこいだんは、ガン細胞をアポトーシスに導く作用があることが分かっています。そのため、身近に摂取できる抗ガン食物としての活躍が期待できます。
それ以外にも、腸管組織を刺激することによる免疫機能の強化、コレステロールの吸収抑制、血圧降下作用、ピロリ菌の排除作用など、様々な健康メリットが見込めます。抗酸化作用もあることからシミやシワの改善にも期待ができ、加えて育毛効果もあると言われています。まだまだ科学的に解明されていない点も多数ありますが、老若男女にとって嬉しい効果がぎっしり詰まっている成分、それがふこいだんという成分になります。

免疫効果を高めるふこいだん

ふこいだんと言って健康に効果があると言われているものを知っていますか。あまり聞きなれない言葉だと思います。体に健康な成分がたくさん含まれているので、サプリメントの原料として使われています。ふこいだんは昆布やめかぶなどの海藻の種類と同じ分類で、ネバネバしていています。ふこいだんはナチュラルキラー細胞やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させる働きがあり、ふこいだんで免疫を高めると健康を保つことにとても効果的になります。
他にもふこいだんには、胃を守ってくれる作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因のピロリ菌を除去してくれる力があり、胃をガードしてくれます。ふこいだんは、抗アレルギー効果があり、アレルギー反応に関わるIGEと言われる抗体の過剰な生成を抑える効果があります。ふこいだんは免疫力を高める栄養成分として注目されていますが、近年では癌の発症、進行予防によいと研究で報告されています。
癌と言うのは、癌細胞の力に勝てず、癌細胞が進行していって発症するので、癌の予防には免疫力を高めることがとても大事で、ふこいだんは免疫を高める効果がとても高いことで、ふこいだんが癌予防によいと言われています。免疫力を高めるために昆布やメカブを毎日食べるとよいでしょう。

ニュース

2017/08/23
ふこいだんは免疫力を高めてくれるを更新しました。
2017/08/23
ピロリ菌の定着も防いでくれるふこいだんを更新しました。
2017/08/23
そのネバネバが体に良いを更新しました。
2017/08/23
あの恐い病気の予防にもなるふこいだんを更新しました。